javaのCalendarクラス

haruka317 120views 更新:2015年4月16日

今日は、スケジュールポートレットを開発していく上で便利な、javaのCalendarクラスを簡単に紹介しようと思います。

Calenderクラス

Calendar クラスは、特定の時点と YEAR、MONTH、DAY_OF_MONTH、HOUR などのカレンダフィールドセット間の変換、および次週の日付の取得などのカレンダフィールド操作を行うための abstract クラスです。 スケジュール登録に関するもので、いくつか使えそうなメソッド/フィールドを紹介したいと思います。

set(int year, int month, int date, int hourOfDay, int minute)

カレンダフィールド YEAR、MONTH、DAY_OF_MONTH、HOUR_OF_DAY、および MINUTE の値を設定します。

setFirstDayOfWeek(int value)

週の最初の日が何であるかを設定します。

HOUR_OF_DAY

get および set のためのフィールド値で、時刻を示します。

DAY_OF_YEAR

get および set のためのフィールド値で、現在の年の何日目かを示します。

WEEK_OF_MONTH

get および set のためのフィールド値で、現在の月の何週目かを示します。

↓に詳細が記載されています。

https://docs.oracle.com/javase/jp/6/api/java/util/Calendar.html

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません