MacのHomebrewでインストールしたJavaのバージョンを上げる

@iwasaki 915views 更新:2015年4月17日

Javaの脆弱性が見つかったらしく、Java SE 8 Update 45が公開されました。

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20150415_697903.html

MacにhomebrewでインストールしたJavaのバージョンをあげてみます。

brew update

brew cask info java
java: 1.8.0_45
Java, Java Standard Edition Development Kit

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

Not installed

https://github.com/caskroom/homebrew-cask/blob/master/Casks/java.rb

==> Contents
  JDK 8 Update 45.pkg (pkg)
==> Caveats
This Cask makes minor modifications to the JRE to prevent issues with
packaged applications, as discussed here:

https://bugs.eclipse.org/bugs/show_bug.cgi?id=411361

If your Java application still asks for JRE installation, you might need
to reboot or logout/login.

Installing this Cask means you have AGREED to the Oracle Binary Code
License Agreement for Java SE at

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/license/index.html

brew updateしてhomebrewで1.8.0_45が公開されていることを確認します。

brew cask install java
#インストール途中でエラーになったので、--forceオプションを付けてインストールし直します。
brew cask install java --force

.bash_profile を更新します。

sudo vim ~/.bash_profile 
export JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_45.jdk/Contents/Home

source ~/.bash_profile 

Javaのバージョンが上がっていることを確認します。

java -version
java version "1.8.0_45"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_45-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.45-b02, mixed mode)

Eclipseの[環境設定]→[Java]→[インストール済みのJRE]から「検索」を行い、Java SE 8 [1.8.0_45]をデフォルトに変更しておきます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません