Aipo の JavaScript API と RESTful API の関係

nbeppu 184views 更新:2015年5月1日

Shindig では一つの Handler の記述で、JavaScript API と RESTful API の両方をサポートすることができます。

@Service(name = "aipo")
public class AipoHandler {

  private final String version;

  @Inject
  public AipoHandler(@Named("aipo.version") String version) {
    this.version = version;
  }

  @Operation(httpMethods = "GET", path = "/version")
  public String version(RequestItem request) {
    return version;
  }
}

JavaScript API

osapi.サービス名.メソッド名.execute といった JavaScript API のインターフェースが作成されます。

osapi.aipo.version().exceute(function(response){});

RESTful API

/サービス名/pathの定義 といったエンドポイントで RESTful API のインタフェースが作成されます。

/aipo/version

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません