Play Frameworkのバージョンを2.3.6から2.3.9に上げた時に行った対応

@iwasaki 461views 更新:2015年5月11日

Play Framework 2.3.9がリリースされました。

https://groups.google.com/forum/#!msg/play-framework/ebUnT7CfdKQ/k09BL0Ce4aUJ

その際に行った対応です。

https://github.com/YoshiteruIwasaki/PlayFrameworkRecruitConsole/commit/f6d7a861d3d46d9b3ee4c4c7fb1c0221694bc7bb

build.sbt

version := "1.2"

アプリケーション自身のバージョンを1.1から1.2に変更しました。ちなみにこれ系のバージョン管理はそこそこきちんとやっておくと後々管理が楽になります。

scalaVersion := "2.11.6"

scalaのバージョンを最新に上げておきました。

"org.webjars" % "select2" % "3.5.2"

webjarsで使用しているselect2のバージョンを上げておきました。4系はまだ読み込めないようでした。

  • modules/base/build.sbt
  • modules/common/build.sbt
  • modules/core/build.sbt

サブモジュールについてもアプリケーションのバージョン番号の変更及びscalaのバージョン変更を行いました。

project/plugins.sbt

addSbtPlugin("com.typesafe.play" % "sbt-plugin" % "2.3.9")

Play Frameworkを2.3.9に変更します。

sbtで使用しているプラグインもそれぞれ最新に変更しておきました。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません