TOPとPSのCPU使用率の違いについて

alkoshikawa 2,050views 更新:2015年5月14日

TOPやPSでプロセスごとのCPU使用率が表示できますが、この2つは大きく値がことなります。

TOPのCPUは

前回のスクリーン更新からの、タスクの所要 CPU 時間の占有率。総 CPU 時間のパーセンテージで表される。

で、PSのCPUは

プロセスの cpu 使用率は "##.#" というフォーマットである。現在のところ CPU 使用率は、プロセスの生存期間中に実行に利用した時間のパーセンテージで表される

となっています。 つまるところTOPの方は短いスパンでのCPU使用率を表示できるものであり、負荷調査の役に立つ数字です。
PSの方はプロセスが起動してからどの程度CPUを使っているかの割合であり、定常的にサーバーのリソースを多く使っているものを判定するものになるため、負荷調査で使ってはいけない数字になります。

なので、サーバーの監視用途にPSのCPUは使ってはいけないようです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません