awstatsをyumでインストールして設定する

alkoshikawa 239views 更新:2015年5月19日

epelリポジトリが入っていればawstatsはyumでインストールできます。

yum install awstats

デフォルトでは127.0.0.1からしかアクセスできないのでアクセス元を追加します。

vim /etc/httpd/conf.d/awstats.conf 
---
Allow from {アクセス元IP}
---

サーバーのホストネームとアクセスURLが一致していれば自動で設定ファイルが作成されますが、
一致していない場合は以下のように調整します。

cd /etc/awstats
cp awstats.{hostname}.conf awstats.{アクセス先ドメインorPublicIP}.conf
vim awstats.{アクセス先ドメインorPublicIP}.conf
---
SiteDomain="{アクセス先ドメインorPublicIP}"

HostAliases="{アクセス先ドメインorPublicIP} localhost 127.0.0.1"
(正規表現が使えたり、複数指定できる。
元の例:www.myserver.com localhost 127.0.0.1 REGEX[mydomain\.(net|org)$])
---

awstatsは定期的にログ解析処理を実行する必要があるため、cron.dailyに追加します。

vim /etc/cron.daily/awstats
---
#!/bin/sh

/usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -config={アクセス先ドメインorPublicIP} -update
---

chmod +x /etc/cron.daily/awstats

awstatsの確認のために一度実行します。

/usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -config={アクセス先ドメインorPublicIP} -update

awstatsのURLにアクセスする

http://{アクセス先ドメインorPublicIP}/awstats/awstats.pl

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません