GoogleAppsScriptでSpreadSheetの情報をとってくる

alkoshikawa 340views 更新:2015年5月26日

GoogleDriveにアクセスし、

新規 > その他 > アプリを追加

Google Apps Script で検索して接続

新規 > その他 > Google Apps Script

でシートを開きます。

function 内に

SpreadsheetApp.openById("{SpreadSheetのID}").getSheetByName("{SheetName}");

でシート内容をとってこれます。

SpreadSheetのIDは開いたときにURLに表示されている数字と記号のIDです。

テンプレートとかとマージして出力などは

function doGet(e) {
  var t = HtmlService.createTemplateFromFile("{template}");
  var sheet = SpreadsheetApp.openById("{SpreadSheetのID}").getSheetByName("{SheetName}");
  t.data = sheet.getDataRange().getValues();
  return t.evaluate().setSandboxMode(HtmlService.SandboxMode.IFRAME).setTitle("TEST PAGE");
}

※ テンプレート内で data[i][j]とかで値を取れます。

とかやって、「ウェブアプリケーションとして導入」で表示できます。

公開したものはバージョンを更新しないと変更ができないので注意

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません