AipoのWebデータベースでの各レコードの区別

YY3ai2ui24 103views 更新:2015年5月27日

AipoのWebデータベースでは、レコードの種類を以下の定数を型として使って区別し、処理を分岐させています。

  /** 項目定義名デフォルト値 */
  public static final String ITEM_NAME_DEFAULT = "タイトル";

  /** 項目定義形式:テキスト */
  public static final String ITEM_TYPE_TEXT = "01";

  /** 項目定義形式:テキストエリア */
  public static final String ITEM_TYPE_TEXTAREA = "02";

  /** 項目定義形式:リンク */
  public static final String ITEM_TYPE_LINK = "03";

  /** 項目定義形式:選択式(択一) */
  public static final String ITEM_TYPE_SELECT = "04";

  /** 項目定義形式:選択式(複数) */
  public static final String ITEM_TYPE_SELECT_MULTI = "05";

  /** 項目定義形式:ファイル */
  public static final String ITEM_TYPE_FILE = "06";

  /** 項目定義形式:画像 */
  public static final String ITEM_TYPE_IMAGE = "07";

  /** 項目定義形式:自動採番 */
  public static final String ITEM_TYPE_SEQ = "08";

  /** 項目定義形式:メール */
  public static final String ITEM_TYPE_MAIL = "09";

  /** 項目定義形式:日付 */
  public static final String ITEM_TYPE_DATE = "10";

  /** 項目定義形式:作成日 */
  public static final String ITEM_TYPE_CREATE_DATE = "11";

  /** 項目定義形式:更新日時 */
  public static final String ITEM_TYPE_UPDATE_DATE = "12";

  /** 項目定義形式:登録者 */
  public static final String ITEM_TYPE_CREATE_USER = "13";

  /** 項目定義形式:更新者 */
  public static final String ITEM_TYPE_UPDATE_USER = "14";

ちなみに、

一つ一つのデータのことをRecord

列のタイトルのことをItem

データベースの最終的な形をResultと読んで区別しています。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません