StartSSLで適当なサブドメインのSSLを取得する

alkoshikawa 1,026views 更新:2015年5月28日

StartSSLは無料でSSL証明書が手に入ります、スモールスタートや開発で使うには重宝します。

証明書取得の手続きが結構メンドイのでまとめます。

※ 必要なもの: ドメイン、webmaster@{domain}で受け取れるメールアドレス

https://www.startssl.com/

こちらにアクセスし、

  • StartSSL Free (Class 1) > Certificate Control Panel > Sighup

と進みます。

http://judress.tsukuenoue.com/

ユーザー情報を登録するので上記サイトなどを使い住所などを入れます。

  • 登録したメールアドレスにValidatoinCodeが届くのでこれを入力し、Continue

認証に時間がかかるらしいのでしばらく待ちます。
担当者の確認に最大6時間ほどかかるらしいですが、10分程度でメールが届きます。 

  • メールに記載されているURLとコードを入力する > クライアント証明書の鍵の長さを選択(2048) > Install > Finish

  • ValidationWizard > Domain Name Validation 

SSLを取得したいサブドメインのドメイン名を入力します。sub.example.com だったら example.com

  • ドメイン所有者の確認のメールアドレスを選択します。

webmaster@{domain}などを選択します。

  • webmaster@{domain}で受信したメールにValidatoinCodeが記載されているので画面に入力する

これで認証が完了です。次にSSL証明書の発行をおこないます。

  • Certificates Wizard > Web Server SSL/TLS Certificate > Generate Private Key

KeyPassword を入れて Continue

  • Domain: example.com などを選択します。

http://sub.example.com

と入力し進むとSSL証明書が作成されます。

画面に中間証明書とROOT証明書のリンクがあるので、それぞれダウンロードしておきます。

これでSSL証明書の取得が完了です。

Nginxなどで使う場合はノーパスにしたり、

openssl rsa -in sub.example.com.key -out sub.example.com.key.nopass

crtファイルは SSL証明書,中間証明書,ROOT証明書の順に記載したり

cat sub.class1.server.ca.pem >> sub.example.com.crt
cat ca.pem >> sub.example.com.crt

とかやってください。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません