HerokuにNode.jsアプリをデプロイする

goto_jp 387views 更新:2015年5月31日

基本的には下記に従うだけですが、やったことのメモ。
https://devcenter.heroku.com/articles/getting-started-with-nodejs

Herokuアカウント作成

まずアカウントを作りましょう。
https://www.heroku.com/

Toolbeltのインストール

https://toolbelt.heroku.com

RubyやらGitやら、Herokuの利用に必要なソフトウェア一式をインストールできます。 いくつか既に入れてるものもありましたが、難しく考えず素直にインストール。

サンプルアプリのクローンとアプリの作成

まずコンソールを開いてHerokuにログイン。

$ heroku login

ログインしたらHerokuが用意しているサンプルアプリをクローンして持ってくる。

$ git clone https://github.com/heroku/node-js-getting-started.git
$ cd node-js-getting-started

クローンしたらHeroku側に自分のアプリスペースを作る。

$ heroku create APP-NAME

createの後はアプリ名を入力するが、「 http://{アプリ名}.herokuapp.com 」というサブドメインになるため、Heroku全ユーザにおいてユニークな名前にする必要がある。

アプリ名の入力を省いた場合は自動で適当な名前が付けられる(後で変更可能)

この時点でHerokuのダッシュボードにcreateしたアプリが加わる。

Herokuへデプロイ

上記作業からそのまま下記のようにpushする。

$ git push heroku master

するとHeroku側でアプリがビルドされる。

次にスケールする値をセットする。現時点では難しく考えずこのままセット。

$ heroku ps:scale web=1

そして下記コマンドで開く。

$ heroku open

ブラウザにアプリが開かれ、 Hello World が出ていれば成功。

自分はチュートリアルをもう少し進めて、下記の顔文字がランダムで出るアプリを公開しました。
https://hidden-caverns-7564.herokuapp.com/

こんな感じで、Node.jsのサーバでNode.jsのアプリを公開する、JavaScriptだけで完結するWebアプリケーションを試験的にはじめました。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません