Swift 1.2への移行とNSPredicate

Tomoumi Nishimura 513views 更新:2015年6月4日

Swift 1.2ではObjective-Cのライブラリに対してオプショナル型を渡すことができるようになりました。そこで、以前はNSCompoundPredicateの注意点 | Hackのように対応する必要があった部分ですが、Swift 1.2では以下のように修正されます。

let predicate = NSCompoundPredicate(type: NSCompoundPredicateType.OrPredicateType
    , subpredicates: [
        NSPredicate(format: "userId CONTAINS %@", searchText)!,
        NSPredicate(format: "name CONTAINS %@", searchText)!,
    ])

let predicate = NSCompoundPredicate(type: NSCompoundPredicateType.OrPredicateType
    , subpredicates: [
        NSPredicate(format: "userId CONTAINS %@", searchText),
        NSPredicate(format: "name CONTAINS %@", searchText),
    ])

Unwrap処理を加えていると、エラーになるので注意が必要です。

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません