インターン2日目(URLの表示、サムネイルの表示、ドメイン部分の表示)

fukuijunya 110views 更新:2015年6月8日

インターン2日目でした。行ったことは、 ①コミットできていなくて、スタートに戻る ②URLの表示 ③サムネイルの表示 ④URLドメイン部分の表示 です。

①コミットできていなくて、スタートに戻る 1回目のインターンの際に、コミットとプッシュの仕方をしっかり理解していなかったため、全部データが消えていました。 初歩的ですが、結構大事な部分だと思います。 右クリック⇛チーム⇛コミット。その後、右クリック⇛チーム⇛アップストリームへプッシュ。 次からは忘れないようにしたいと思います。 後は、最初もメモ書き。 test-portlet ◯◯が自分の名前になっていることを確認。 なっていなかった場合には、masterをプルすることで、自分のものに辿り着けるようになる。

②URLの表示 URLをログの部分に表示するための作業を行いました。

まず、ajax-test-detailに下記2つ追加。

Altdcaption($110n.TODO_SETFIELDNAME_URL)

ALtditem($!result.Detail.url)

次に、AipoLocalization_ja.propaertiesに下記追加。 TODO_SETFIELDNAME_URL=URL

次に、TestResultDataに下記追加。 public String getUrl(){   return url.getValue();   } public void setUrl(String string){ url.setValue(string); }

url = new ALStringField();

③についても、基本的には②と同じ流れで行いました。 ただ、なかなか作業のすべてを覚えていられなかったので、次回からはこのハックにメモを取りながら作業を進めていくようにしたいと思います。

④についてですが、試行錯誤をして、ぎりぎり完成させることができました。 TestResultDataに、下記を追加。 public String getUrlDmain() throws Exception{ URI u = new URI(url.getValue()); return u.getScheme()+”://”+u.getHost(); }

途中でブレイクポイントなどの機能を使うと、効率的に開発を進めることができるそうです。 次からは、こういったツールもしっかり活用しながら作業を進めていきたいと思います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません