AWSにおけるうるう秒の対応

@iwasaki 241views 更新:2015年6月11日

公式アナウンスはこちら

http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/05/look-before-you-leap-the-coming-leap-second-and-aws.html

サーバーワークスの記事

http://blog.serverworks.co.jp/tech/2015/05/26/leapsecond2015/

https://forums.aws.amazon.com/ann.jspa?annID=3064

An instance running the Amazon Linux AMI vended kernel version 3.2.28 or later has the fixes for kernel leap second handling. This means that any Amazon Linux AMI (or AMI derived from the Amazon Linux AMI) from 2012.09 or later will launch with a kernel that includes the fixes.

とあるように Amazon Linux AMI で 3.2.28 より前のカーネルを使っている場合はアップデートしておくなどの対策が必要そうです。

カーネルバージョンを確認するコマンドはこちら

# uname -r
3.14.42-31.38.amzn1.x86_64

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません