Cocoaでラベルをタップした時に画面遷移を行うようにする方法

otaguro 200views 更新:2015年6月16日

ボタン(UIButton)を使うのが簡単ですが、ラベル(UILabel)でもUITapGestureRecognizerとperformSegueWithIdentifierを利用すれば、タップした時に画面遷移をするように出来ます。

    override func viewDidLoad() {
        〜略〜
        var LabelTapGestureRecognizer = UITapGestureRecognizer(target: self, action: "onTap:")
        self.testLabel.addGestureRecognizer(LabelTapGestureRecognizer)

    }

    @IBAction func onTap(sender: UITapGestureRecognizer) {
        //画面遷移
        performSegueWithIdentifier("nextView", sender: self)
    }

ストーリーボードでは、Tap Gesture Recognizerの配置と、ラベル(例の場合はtestLabel)のUser Interaction Enabledにチェックを入れることと、 Viewの間に画面遷移(control+ドラッグ)を作成してStoryboard SegueにIdentifier(例の場合はnextView)を設定することを行います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません