Cocoaで画面遷移の判定を行う方法

otaguro 176views 更新:2015年6月24日

Cocoaで画面遷移するかどうかを切り替えるには、shouldPerformSegueWithIdentifierが利用できます。 例えば、リストの長さが1以下の時には、画面遷移しないようにするには次のようにします。

    override func shouldPerformSegueWithIdentifier(identifier: String?, sender: AnyObject?) -> Bool {
        if(self.valueList.count<2) {
            return false
        }

        return true
    }

参考: https://ringosoftware.wordpress.com/2014/05/23/%E7%94%BB%E9%9D%A2%E9%81%B7%E7%A7%BB%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89-2/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません