Velocityの変数

y-ozaki 393views 更新:2014年2月21日

Velocityで変数を扱うときは$で始めますが、形式としては3つあります。

1つ目が$record.getDateShort()のように$のあとに変数名を書く形式です。値が空の場合には変数名を表示します。

2つ目が$!record.getDateShort()のように$のあとに!を書く形式です。この形で記述しますと、変数の値が空の場合変数名が表示されません。

3つ目が${client}のように変数名を{}で囲う形式です。英文中などで境界が曖昧になる場合に使用します。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません