作業を始める前に行っていること

Yukimi Sato 21views 更新:2015年7月7日

pwd でターミナルでどこを見ているのか確認

pwd

これで現在ターミナルがどこを見ているのか確認できます。まずはこれで確認。

cd でディレクトリを指定して移動

cd ディレクトリ名

見ているディレクトリが違ったらcdで移動します。

git status で現在の状況を確認

git status

ローカルの変更の有り無し、リポジトリの変更有り無し、更には今見ているブランチが何かまでわかります。
コミット先のブランチは間違っていないか、特にする必要がないのに余計な変更が発生していないか調べます。

もしいらない修正があった時

git reset --hard HEAD

これでローカルの変更をなかったことにしてリポジトリの最新状態に戻すことができます。

毎日作業前にはこれらのコマンドを使って確認して、作業に入るようにしています。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません