functions.phpでCSSとJSの管理をする

harada 190views 更新:2015年7月13日

wp_enqueue_stylewp_enqueue_scriptを利用する場合、何も記述しない場合はheader部分へ記述されますが、第5引数をtrueに指定すれば</body>前に挿入できます。

また、バージョンの引数を利用してファイルの更新日時を入れることもできます。

記述例

function my_scripts()
{
    if (!is_admin()) {
        $dir = get_stylesheet_directory_uri();

        //headerに記述してバージョンにファイルの更新日時を入れる場合
        wp_enqueue_style('', $dir . '/css/style.css',array(), filemtime( get_stylesheet_directory() . '/css/style.css'));

        //footerに記述する場合
        wp_enqueue_script('', $dir . '/common/js/footerscripts.js', array('jquery'), '', true );
    }
}

add_action('wp_enqueue_scripts', 'my_scripts', 50);

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません