mvn cleanしても「タイムアウト…」表示になるAipoを起動する

Yukimi Sato 197views 更新:2015年7月14日

原因:

Macのシャットダウンに失敗してpostgreSQLが正しく終了できず、
Mac起動時に自動起動するpostgreSQLが正しく起動できなくなっていました。

pgAdmin3でDBの起動を試みても失敗することから、ポスグレに原因があることが判明。

対処方法:

まずはポスグレのディレクトリを調べます。

cd  /usr/local/var/postgres

該当のディレクトリに飛んだら、

ls

でディレクトリのファイル一覧を表示します。
その中に「postmaster.pid」が。

postmaster.pid とは

ポスグレが起動している時にのみ生成されるファイル。
正しく終了するとこのファイルは毎回削除され、起動時に生成され二重起動を防いでくれます。

起動していないはずのポスグレにこのファイルがあった為、再度起動しようとしても起動できなかったのでした。
このファイルを一旦削除します。

rm -rf postmaster.pid

その後、下記コマンドでファイルの削除を反映させる。

launchctl unload -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist 
launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist 

これで、もう一度pgAdmin3で起動を試してみてください。
起動するはずです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません