curlで取得した画像ファイルをMacのプレビューで開く方法

@iwasaki 286views 更新:2015年7月24日

curlコマンドでバイナリファイルを取得するときには -o オプションでファイル保存するのが定番かと思いますが、そのファイルを開くには次のようにすると便利です。

curl -L0 -X GET http://www.pref.yamanashi.jp/album/documents/002_l.jpg -o ~/Desktop/image.jpg ; open ~/Desktop/image.jpg

2つのコマンドの間をパイプ(|)にしてしまうと、ファイルのダウンロードを待たずにファイルを開こうとしてしまうため、注意が必要です。

クイックルックで表示するにはopenコマンドの代わりに次のようにします。

curl -L0 -X GET http://www.pref.yamanashi.jp/album/documents/002_l.jpg -o ~/Desktop/image.jpg ;  qlmanage -p  ~/Desktop/image.jpg

保存するときのファイル名をタイムスタンプベースにするには

curl -L0 -X GET http://www.pref.yamanashi.jp/album/documents/002_l.jpg -o `date +%Y%m%d-%H-%M-%S`.jpg

みたいにします。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません