WordPressプラグインの紹介

YY3ai2ui24 41views 更新:2015年7月27日

WordPressではプラグインを使って、機能拡張を行うことが出来ます。

2つのプラグインを入れて試したので、そ紹介を行います。

Custome Field Template

コンテンツの新規作成するとき、投稿画面でユーザーが作成したフォームで情報を出力することが出来ます。

設定画面で、いかのうようにフォームを登録すると、 setsumeiidを持ったフォームをつくつるができます。

[setsumei]
type = textarea
rows = 4
cols = 40
tinyMCE = true
htmlEditor = true
mediaButton = true
label = 商品説明

[cft format=0]


とすることで、入力した #WP-KaTeX

$ WP-KaTeX Texの記法で数式などを書くことが出来ます。


[latex display="true"]\left( \sum_{k=1}^n a_k b_k \right)^{\!\!2} \leq \left( \sum_{k=1}^n a_k^2 \right) \left( \sum_{k=1}^n b_k^2 \right)[/latex]

こうすると、[latex]の中はTexで解析され、Web上でも整った形の数式を見ることができます。

参考文献

http://kotori-blog.com/wordpress/eyecatch_info/

http://kotori-blog.com/wordpress/customfieldtemplate/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません