labelなどのUIに長押しイベント

yamagenii 475views 更新:2015年8月3日

swiftでlabel等のUIに長押しイベントをつける方法を紹介します


@IBOutlet weak var text: UILabel! override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() // UILongPressGestureRecognizerインスタンス作成 var longPressGesture = UILongPressGestureRecognizer(target: self, action: "longPress:") // タップの数(デフォルト0) longPressGesture.numberOfTapsRequired = 1 // 指の数(デフォルト1本) longPressGesture.numberOfTouchesRequired = 2 // 時間(デフォルト0.5秒) longPressGesture.minimumPressDuration = 2.0 // 許容範囲(デフォルト1px) longPressGesture.allowableMovement = 150 text.userInteractionEnabled = true text.addGestureRecognizer(longPressGesture) } func longpress(sender: UILongPressGestureRecognizer){ //処理 }

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません