JavaScriptでのイベントキャンセル

@iwasaki 200views 更新:2015年8月3日

JavaScriptではイベントのキャンセルをするのが2つあるようです。

preventDefault() は、その要素のイベントをキャンセルし、stopPropagation()は、親要素への伝播をキャンセルする。

http://www.tam-tam.co.jp/tipsnote/javascript/post5050.html より引用

ということのようです。

なおIEではそれぞれ以下のようにして対応するのが必要なようです。

Event.preventDefault();

event.returnValue = false;


Event.stopPropagation();

event.cancelBubble = true;

多くのJavascriptフレームワークではこのへんのブラウザの差異を吸収してくれている様子。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません