lsコマンドでi-node 番号を確認する

高瀬 裕介 91views 更新:2015年8月3日

引き継いだLinuxサーバーでファイルの同期をどうやっているのかさっぱりわからんフォルダが2つあってよくよくみてみたら同期でもなんでもなくて単純にフォルダがマウントされているだけでした…ということがあったので全く同じ構成のフォルダを見かけたらまずはinode番号を見てみて実体が同じファイルじゃないか確認しましょうね、というお話

ls -li {ファイルパス}

一覧の一番左の見慣れない番号がinode 番号となっていて、違う場所のファイルでこれが一致していたらlnコマンドでリンクを張ったりディレクトリをマウントしたりしていて実データは同じものをさしている、というものです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません