ターミナルの使い方

laxmny 72views 更新:2015年8月6日

まず、ターミナルとはコマンドと呼ばれる命令文を用いてMacの操作や設定をおこなうためのツールのことを言います。 ここではいくつかの主要コマンドを紹介します。

・cd  
ディレクトリ間を移動する場合に使用。ターミナルでは1つのディレクトリしか開くことができないため、他のディレクトリにあるファイルを操作したい場合は、そのディレクトリまで移動する必要があります。このディレクトリの移動に用いるコマンドが「cd」コマンドです。「cd ディレクトリ名」と入力して実行します。

・ls  
現在のディレクトリ内に存在する、ディレクトリやファイルを表示するコマンドです。このコマンドは「ls」のみで実行します。 Finderのフォルダと比較すると、全く同じ名前のディレクトリを表示していることが分かるかと思います。cdコマンドでディレクトリを移動する際は、このlsコマンドで事前に移動したいディレクトリが存在するか確認すると便利です。

・mkdir  
ディレクトリを作成するためのコマンドです。「mkdir 作成したいディレクトリ名」で実行します。例えば「mkdir AAA」と入力し実行すると、AAAというディレクトリが作成されます。

・rm  
  ファイルを削除するコマンドです。「rm ファイル名」で実行します。このコマンドで削除したファイルはゴミ箱には入らず、また警告等も出ませんので、十分注意して実行するようにしてください。誤って重要なファイルを削除してしまった場合、コンピュータが起動しなくなる可能性もあります。

・cp  
ファイルをコピーするコマンド。「cp AAA BBB」と入力すると、AAAというファイルがBBBという名前でコピーされます。このとき、BBBというファイルが既に存在している場合は、BBBへ上書き保存します。また、BBBがディレクトリの名前である場合は、BBBディレクトリの中にAAAがコピーされます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません