Windows2012R2で記憶域プールを追加、削除する

alkoshikawa 454views 更新:2015年8月6日

記憶域プール操作のメモです。

[記憶域プール作成手順]

サーバーマネージャー > ファイルとサービスと記憶域サービス > 記憶域プール

マウス右クリック > 記憶域プールの新規作成

記憶域プール名: 任意
物理ディスク: 記憶プールに使うディスクを選択する

仮想ディスク > 仮想ディスク新規作成ウィザード

仮想ディスク名: vdisk
記憶域レイアウト: Simple
プロビジョニング: 最小限
サイズ: 任意

サーバーとディスク選択

サイズ: 任意
ドライブ文字またはフォルダー: 任意
ファイルシステム設定
  ファイルシステム NTFS
  アロケーションユニットサイズ 既定
  ボリュームラベル ボリューム

[記憶域プールにディスクを追加する手順]

サーバーマネージャー > ファイルとサービスと記憶域サービス > 記憶域プール

作成した記憶域プールを右クリック > 物理ディスク追加

追加するディスクを選択します。

vdiskを右クリック > 仮想ディスクの拡張

全体の容量を入力します。

Winマークを右クリック > ディスク管理

ボリュームのプライマリパーティションを右クリック > ボリュームの拡張

[記憶域プールの削除]

サーバーマネージャー > ファイルとサービスと記憶域サービス > 記憶域プール

仮想ディスクにあるプールを右クリック > 仮想ディスクのデタッチ > 仮想ディスクの削除

記憶域プールのプールを右クリック > 記憶域プールの削除

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません