Ruby開発未経験のJava/PHPエンジニアがMacでRuby On Railsの開発環境を準備する

@iwasaki 893views 更新:2015年8月10日

MacでHomebrewを使ってRuby On Railsの開発環境を構築してみます。

ちなみに私の開発経験は以下のとおりです。

PHP

経験年数:5年位

フレームワーク:Mojavi、Symfony、CakePHP など

開発ツール:Eclipse

その他:主にPHP4,5くらいの時期

Java

経験年数:5年位

フレームワーク:Slim3、Play Framework など

開発ツール:Eclipse

その他:主にJDK6~8くらいの時期

上記言語での開発環境は既に構築されている(Homebrewインストール済・Eclipseインストール済・MAMPインストール済)Mac上にRuby On Railsの開発環境を作っていってみます。

ちなみにRubyの経験は0です。

rbenvなどのインストール

Homebrewを使ってRubyをインストールする前準備をするみたいです。

brew install readline ruby-build rbenv

参考

http://qiita.com/hirokishirai/items/e38b29a7075459ff6032

http://qiita.com/keneo/items/0a58b188183b5100e3af

http://techacademy.jp/magazine/4630#sec6

PATHの設定

PATHの設定をするようです。

sudo vim ~/.bash_profile

# $HOME/.rbenv/bin をPATHに追加します。

export PATH=$PATH:/usr/local/bin:/usr/local/Cellar/typesafe-activator/1.2.12:~/Documents/lib/play-2.2.3:$HOME/.rbenv/bin

# 初期化のおまじないのようです。
eval "$(rbenv init -)"

Rubyのインストール

まずはRubyのバージョン一覧を確認してみます。

rbenv install -l

安定版は2.2.2が最新のようです(2015年8月10日)。

Herokuでも2.2.2がサポートされているっぽいです。

https://devcenter.heroku.com/articles/ruby-support#ruby-versions

ちなみに現時点でJRubyって何?状態で進めてます。

インストールします。

rbenv install 2.2.2

インストールの最中に時間があったのでJRubyについて調べてみました。

どうやらJava VM上でRubyを動かすってことのようです。過去のJavaの資産を使えるみたいですね。

色々と政治的な問題や歴史的な問題を抱えている現場では使う場面がありそうですね。

http://dev.classmethod.jp/server-side/java/jruby_evaluate/

標準で使うバージョンに切り替えます。

rbenv global 2.2.2

バージョンを確認しておきます。

$ rbenv versions
  system
* 2.2.2 (set by /Users/***/.rbenv/version)

$ ruby -v
ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-darwin14]

Ruby on Railsのインストール

コマンドでインストールするみたいです。

skelton作れるコマンドとかが使えるようになるんでしょうか・・・。

gem install rails

なんかエラーが出ました。

-----
The file "/usr/include/iconv.h" is missing in your build environment,
which means you haven't installed Xcode Command Line Tools properly.

To install Command Line Tools, try running `xcode-select --install` on
terminal and follow the instructions.  If it fails, open Xcode.app,
select from the menu "Xcode" - "Open Developer Tool" - "More Developer
Tools" to open the developer site, download the installer for your OS
version and run it.
-----

エラーメッセージ内のコマンドを実施してみました。

xcode-select --install

その上で改めてRailsインストールコマンドを実施してみます。

うまくいったようです。

キャッシュクリア的ななにがしかをやるようです。

rbenv rehash
source ~/.bash_profile

バージョンを確認しておきます。

rails -v
Rails 4.2.3

サンプルアプリの作成

rails new sample
cd sample
rails g scaffold Twitter tweet:string
rake db:migrate
rails server

http://localhost:3000/twitters で作成したサンプルアプリにアクセスが出来ます。

どうやら最初にCURDを作ってくれるようです。

EclipseにRadRailsプラグインをインストールする

プラグインのインストールはまあよくある手順になります。

プラグイン名:RadRails

URL:http://download.aptana.com/tools/radrails/plugin/install/radrails-bundle

※2015年8月11日追記

以下のダウンロードサイトからインストールできるのはPython用のプラグインみたいでした。

プラグイン名:Aptana Studio 3

URL:http://download.aptana.com/studio3/plugin/install

参考

http://www.aptana.com/products/studio3/success_plugin.html

http://www.brainchild.co.jp/blog/develop/2010/09/ruby-eclipse.html

http://longx3.hatenablog.com/entry/2013/03/22/225800

http://tikuflower.blogspot.jp/2015/01/ruby-on-rails-4windowseclipse.html

http://pentan.info/ruby/ror/radrails.html

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません