抽象クラスを使って同じコードで複数の実装クラスを使い分ける

yoshiki-watanabe 12views 更新:2015年8月20日

抽象クラスを使って、同じコードで書いたものでも、それを利用する対象によって異なる実装内容に変化させることができます。

例えば、抽象クラスabstをつかって記述したものに対して、そのコードをバージョンAから利用した場合と、バージョンBから利用した場合とでは、動作が異なるように構成できるという具合です。

その実現にはjetspeedなどを利用することができます。また拡張性が高い構成にできるため、デザインパターンとしても存在しています。


参考サイト:

http://www.techscore.com/tech/DesignPattern/FactoryMethod.html/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません