インターン 3日目

XionKannagi 78views 更新:2015年8月26日

3日目の日報

本日は、基礎課題の2までなんとか終わりました。 その前に、やっと課題1のURLが折り返してしまう問題を解決しました。

URLの折り返しの問題の改善

原因は、ajax-test.vmの中の115行目にありました。

##<colgroup style="width:6em;" />

が URLが入っているセル内(目に見えない壁)のテーブル幅を決めていました。 なのでこの部分をコメントアウトしたところ折り返しの問題はなくなりました。

ここからが課題2の内容です。

本日はまず、前回のサムネイル画像の部分の挙動が不安定な部分の改良をしました。 ここはどうやら htmlの文法の作法を守っていなかったから起きたものでした。( HTMLさんごめんなさい) 実際に改良したのは、前回記述した部分である40行目をコメントアウトし

<img src="http://capture.heartrails.com/free?$!result.Detail.Url2"

を追加しなおりました。(多分)

ドメイン取得

そして、ドメイン取得の部分へ、、、 この部分にほぼ一日持っていかれました、、、 まず、行ったことは、URLを少し調べそしてドメイン(初歩の初歩)とは何かを学びました。 一応書いておくと 例えば、 (http://www.koji-koji/jirou/hangyodori.html)というURLがあった場合、 http:スキューム部、 www:サーバ(ホスト)部、 koji-koji:ドメイン名部、 jirou:フォルダ名 hangyodori.html:ファイル名 だそうです。 今回の課題ではスキューム+責任者部(サーバー+ドメイン名)を取得してアップすることを考えるという課題でした。 この部分だけを抜き出せれば勝ちなので、 まず、TestResultData.javaに抜き出すメソッドを作る作業を行いました。 まず、同ファイル内に”おまじない”

import java.net.URL

をかけて๛ก(ー̀ωー́ก) 216行ぐらいから

 //ドメイン取得に関するメソッド
  public String getUrlDmain() throws Exception{
      URL u = new URL(url.getValue());
      return "http://"+u.getHost();
  }

を追加(getHostメソッドがドメイン(責任者部)を取得している←このメソッドを使用するのに”おまじない”をかけました), そして、ajax-test-detail.vm内40行ぐらいに

#ALtdcaption($l10n.TODO_URL)
#ALtditem($!result.Detail.UrlDmain)

を追加しました。 さらに、Aipolocalization_ja.properties-Eclipse内の #Todo内に

TODO_URL=URL Dmain

を追加してドメインだけを抜き出すことが出来ました。 たったこれだけにかなり時間をつかってしまいました。 次回はいよいよ応用編にいきたいと思います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません