基礎編:URLをドメイン表示

you12724 72views 更新:2015年8月26日

前回の最後にドメイン表示にはjavaのURLクラスを使うといいとのアドバイスを頂いたのでそれを使って表示しようとしたところjavaの知識が少なくURLクラス内のメソッドを使おうとしても色々とエラーがでて詰まってしまったので質問しました。 出来なかった原因はコンストラクタとしてURLオブジェクトを生成してないことが原因でした。

java URLクラスをインターネットで調べると

コンストラクタの概要
URL(String spec)
String 表現から URL オブジェクトを生成します。

となっているので

String url2 = new URL(url.getUrl());

と宣言するとURLクラスのメソッドがurl2で使えるようになりました。
実際に書いたコードは下記のようになりました。


public String getDomain() throws MalformedURLException{ URL url2 = new URL(url.getValue()); return url2.getProtocol() + "://" + url2.getHost(); }

その後.vmファイルの下記のコードを上から下に変更しました。


#ALtditemheader() <div> <a href="$!result.Detail.Url">$!result.Detail.Url</a> </div> #ALtditemfooter() #ALtditemheader() <div> <a href="$!result.Detail.Url">$!result.Detail.Domain</a> </div> #ALtditemfooter()

こうすることで詳細画面のURLをドメイン表示に変更することが出来ました。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません