インターン3日目

mrktanaka 50views 更新:2015年8月26日

サムネイル表示

  • 昨日よくわからないまま終わってしまったVelocityファイルで参照させる $result について @iwasaki さんに教えていただきました
    • ブレークポイントを使ってALAbstractData クラスなどまで追って見せてくださいました
    • $result.Detail.Url とは、TestSelectData クラス内のgetDetail(), TestResultData クラス内の getUrl() を呼ぶと分かりました
  • TestResultData クラス内の getUrl()とは別にURLをそのまま返す関数 getUrlOriginal() を追加しました
   public String getUrl() {
        return ALEipUtils.getMessageList(url.getValue());
      }

+  public String getUrlOriginal() {
+       return url.getValue();
+     }
  • これで$result.Detail.UrlOriginal で自動的にリンク生成されない素のURLが得られるので、ajax-test-detail.vm に以下を記述しサムネイル表示します
<a target="_blank" href=$!{result.Detail.UrlOriginal}><img src="http://capture.heartrails.com/free/1440556126970?$!result.Detail.UrlOriginal" alt="$!result.Detail.UrlOriginal" width="200" height="300" /></a>

URLのドメイン部分抜き出し

  • ドメイン部分を抜き出して返す関数を TestResultData クラス内に追加しました
+  public String getUrlDomain() {
+   Matcher m = Pattern.compile("(https?://[^/]+/)").matcher(url.getValue());
+   if(m.find()){
+     return m.group(1);
+   }else{
+       return null;
+   }
+  }

実践編

開発やツールに関わる新しく知ったことメモ

  • pom.xml というファイルで $mvn install した時に AipoLocalization_ja.properties が AipoLocalization_*.properties にコピーされるように書かれている
  • Eclipseは保存時に自動的にインデントを整形する
  • ファイル名の上で右クリック→置換→HEAD改訂 で最後のpushのバージョンに戻れる

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません