Python開発未経験のJava/PHP/RubyエンジニアがMacでDjangoの開発環境を準備する

@iwasaki 452views 更新:2015年8月26日

http://qiita.com/kaki_k/items/e824cfcf089e75d43551

を参考に開発環境を構築しています。

Pythonには大きく2系と3系があるっぽいですが、

http://lolipop.jp/manual/hp/cgi/ https://devcenter.heroku.com/articles/python-support

を見ると、Python 2.7 が無難なようです。

Pythonのバージョン確認

$ python -V
Python 2.7.10
$ python3 -V
-bash: python3: command not found

virtualenv、virtualenvwrapperのインストール

仮想環境ごとにPythonのバージョンやパッケージを切り替えられるようです。複数案件とかでそれぞれ別の環境で構築されてる時に切り替えるのが楽にできそうですね。

$ sudo easy_install pip
$ sudo pip install virtualenv virtualenvwrapper

セットアップ

$ cd ~
$ mkdir ~/.virtualenvs
$ vim ~/.bash_profile 
#以下を追記します。
export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
$ source ~/.bash_profile 

仮想環境の構築

$ mkvirtualenv  env1

仮想環境から元の環境に戻るには以下のコマンドを実行します。

$ deactivate

改めて仮想環境に移動するには

$ workon env1

削除するには

$ rmvirtualenv env1

Djangoのインストール

$ pip install django

今だと1.8.4が入るようです

$ pip freeze -l
Django==1.8.4

Djangoのプロジェクト作成

適当なフォルダでプロジェクト(momomailにしました)を作成します。

$ django-admin.py startproject momomail
$ cd momomail
$ python manage.py migrate

サーバの起動

$ python manage.py runserver

EclipseにプロジェクトをインポートしてからGithubにプッシュをしておきます。

git init
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/YoshiteruIwasaki/momomail.git
git push -u origin master

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません