実践編:設備の期間スケジュールを登録できるようにする

uecchc 36views 更新:2015年8月27日

インターン四日目。

今日は、実践編:設備の期間スケジュールを登録できるようにするに取り組みました。

要素の検証からScheduleFormData.javaに辿り、ajax-schedule-form.vmがテンプレートとして指定されていたので参照しました。

#ALtdcaption($l10n.SCHEDULE_FACILITY)
#ALtditemheader()
<div id="facilityFieldButton" style="display:#if($!{result.Span} || $!{result.PublicFlag.toString()} == "P")none#end">
    <table class="w100">
        <tbody>
            <tr class="member">
                <td style="width:80%; border:none;"></td>
                <td style="border:none;">
                    <input type="button" class="alignright" value="$l10n.SCHEDULE_SELECT_FACILITY" onclick="aipo.schedule.expandMember();" />
                </td>
            </tr>
        </tbody>
    </table>
</div>

を見つけて、ここのコードが設備ボタンをコントロールしているらしく、最初は

<

div id=”facilityFieldButton” style=”display:#if($!{result.Span} || $!{result.PublicFlag.toString()} == “P”)none#end”>が設備を選択ボタンが現れる条件だと認識したでしたが、ここの条件を変更しても表示に何の変化もありません。岩崎さんに教えていただいたことから、これを判定する詳しい条件はform.jsに入ってるのがわかり、メソッドを逐次見ていきaipo.schedule.formSpanOnの

dojo.byId('facilityFieldButton').style.display = "block";

を変更して、期間スケジュール管理時にも設備を選べるようになった。

因みに、今日はテスト環境とローカルホストを間違ってしまい、変更した内容が表示されなくなり、たくさん時間を使ってしまいました。。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません