Fastlane を使って自動ビルドしたIPAをCrashlyticsに配信する

nbeppu 493views 更新:2015年8月31日

①証明書のインストール
②プロビジョニングプロファイルの適用
③署名
④IPAのビルド
⑤CrashlyticsにAdHoc配信

を行う、Fastlane のレシピです。
Circle CI などの CI ツールと連携させればビルドごとに配信することが可能になります。

  lane :adhoc do
    create_keychain(
      default_keychain: true,
      unlock: true,
      timeout: 3600,
      lock_when_sleeps: true
    )
    import_certificate certificate_path: "Resources/ios_distribution.cer"
    import_certificate certificate_path: "Resources/ios_distribution.p12", certificate_password: ENV["P12_PASSPHRASE"]
    sigh(
      adhoc: true,
    )
    ENV["PROFILE_UDID"] = lane_context[SharedValues::SIGH_UDID]
    gym(
      scheme: "Test",
      configuration: "AdHoc",
    )
    crashlytics(
      groups: "developers",
      notifications: true
    )
  end

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません