設備の期間スケジュールを登録できるようにする

uecchc 29views 更新:2015年9月2日

インターン八日目

今日は引き続き設備の期間スケジュールを登録できるようにするに取り組ました。

昨日いただいたアドバイスによって、重複判定のメソッドが、一部の条件が判定できない原因を特定しました。

原因は重複判定を行うかをチェックする条件containtsRsにありました。

先日作った設備の期間スケジュールのcontaintsRsの条件の日付の順序を判定する条件が逆になってることが分かりました。


if (ptn.charAt(0) == 'S') { // 期間スケジュール try { if ((end_date.after(dbStartDate) && start_date .before(dbEndDate)) || unlimited_repeat) { containtsRs = true; } } catch (Exception e) { containtsRs = false; } }

に変えれば、重複判定が正しい動きをできるようになり、 ・単体(繰り返しを含む)->単体 ・単体->期間 ・期間->単体 ・期間->期間 のすべてのパターンに設備が重複に使われてるか判断できるようになりました。

この後は、各画面の表示対応に着手しました。

主に、変更する必要があるのは日表示と週表示のときです。

グループが設備関連の項目に変えると、期間スケジュールが表示されませんが、他のときは表示されます。

明日は原因を探るため、result.getTermResultDataListとrecord3.UserIdの中身はどんな値か調べます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません