velocityをマクロで定義

daiki21 48views 更新:2015年9月4日

#macro

velocityで繰り返し出てくるメソッドを#macroというスクリプトを使って定義することができます。

省略するだけでなく入力ミスもなくなるはずです。

macroフォルダで

#macro(AUISearchButton)
<input type="submit" value="検索">
#end

のように#endで終えるように書いた場合、 velocity側は、

#AUISearchButton

と書けば マクロで定義したものが呼ばれてきます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません