Objective-CのコードをSwiftに変換するObjective-C to Swift Converter

otaguro 215views 更新:2015年9月17日

ネット上に転がっているコードはまだまだObjective-Cのコードが多く、Objective-Cのコードを参考にしてSwiftのコードを書くことはよくありますが、自動で変換するツールがあるようですので試してみました。

ログインしていない状態だと変換するコードの長さに1KBの制限があって、処理1つ分ほどしか変換できないようですが便利そうです。

Swiftify
Objective-C to Swift Converter
https://objectivec2swift.com/?ref=producthunt#/converter

AFNetworkingのsetDownloadProgressBlockでテスト

変換前
[operation setDownloadProgressBlock:^(NSUInteger bytesRead, long long totalBytesRead, long long totalBytesExpectedToRead) {
    // 処理
}];

変換後
operation.setDownloadProgressBlock({(bytesRead: UInt, totalBytesRead: Int64, totalBytesExpectedToRead: Int64) in
})

自分で書いたコード
operation.setDownloadProgressBlock({ (bytesRead, totalBytesRead, totalBytesExpectedToRead) -> Void in
})

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません