dequeueReusableCellWithIdentifierを利用する場合の注意点

Tomoumi Nishimura 54views 更新:2015年9月24日

UITableViewを利用する場合、Cellを再利用するためにdequeueReusableCellWithIdentifierを利用することが多いかと思います。

このとき、cellの描画を非同期に実行しようとすると、たとえば高速でUITableViewを動かした場合などに、描画対象のcellがすでに再利用されるなどしてしまう可能性があります。

そこで、非同期に描画を行う場合には、cellが再利用された時点で描画を中止する等の処理が可能なように設計しておく必要があります。

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません