インターン初日

Yudai Shirai 126views 更新:2015年9月28日

インターン初日にやったことをまとめたいと思います。

EclipseやJavaやTomcatをほとんど触ったことがなかったこともあり、最初の環境設定から「これであってるのかな…なにこれわからぬ…」という感じで進み、基礎編:入力項目の追加のURLを追加するところでは、はまりにはまりました。お池にはまって、さあ大変状態です。

まず「Aipoのどこの部分のところやねん…」と思ったので聞いてみました。 上のところにあるマイページのとなりの設定マークをクリックしてページの設定画面に進みます。追加項目の一番上にテストポートレットがあります。これにチェックを入れて更新すると真ん中あたりに新しいページが追加されます。その追加されたページの右上に「Test追加」があるのでそれをクリックすると、タイトルとメモを追加できるようになっています。ここです!ここにURLの入力欄を追加させます。

数々のインターン生の先輩が残した投稿をむさぼり、お池からの脱出を試みました。

ajax-test-form.vmのなかの#ALtditemfooter()の下に以下のものを追加します。

#ALtdcaption("#ALrequired($!result.getFieldName('url'))")
#ALtditem("#ALtextfieldw100('url' $!result.Url 50 'active')")

TestFormData.javaのTestFormDataのclassの中に以下のものを追加します。

/** url **/
private ALStringField url;

initFieldのメソッドのなかに以下のものを追加します。

// url
url = new ALStringField();
url.setFieldName(ALLocalizationUtils.getl10n("REGISTRY_EDITOR_PORTLET_URL"));
url.setTrim(false);

loadFormDataのメソッド(?)のなかにnote.setValue(test.getNote());とあるのでその下に以下のものを追加します。

// url
url.setValue(test.getUrl());

insertFormDataのメソッド(?)のなかにDatabase.commit();とあるのでその前に以下のものを追加します。

// url
test.setUrl(url.getValue());

下のほうを見ると「メモを取得します」「タイトルを取得します」とコメントアウトしてあるのでその下に以下のものを追加します。

/**
 * URLを取得します。 <BR>
 *
 * @return
 */
public ALStringField getUrl(){
  return url;
}

するととりあえずURLの入力欄が表示されます。

全然進みませんでした…。


追記

TestFormData.javaのinitFieldのメソッドのなかに以下のものを追加したのですが、

// url
url = new ALStringField();
url.setFieldName(ALLocalizationUtils.getl10n("REGISTRY_EDITOR_PORTLET_URL"));
url.setTrim(false);

ではなく、

// url
url = new ALStringField();
url.setFieldName(ALLocalizationUtils.getl10n("TODO_SETFIELDNAME_URL"));
url.setTrim(false);

のようにします。 そしてAipoLocalization_ja.propertiesのファイルのTODO_SETFIELDNAME_MEMO=メモの下に以下のものを追加します。

TODO_SETFIELDNAME_URL=URL

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません