インターン三日目

goucorporation 52views 更新:2015年9月29日

今日はhackを有効に活用し質問を多くしたこともありかなり進みました。 まずURL文字タイプのバリデートですが。 portlets/test/src/main/java/com/aimluck/eip/test/TestFormData.javaに以下を加えることによって達成できました。

  • // URL
  • url.validate(msgList);
  • // URLの文字数制限
  • url.limitMaxLength(2000); // URLの文字タイプ制限 url.setCharacterType(ALStringField.TYPE_ASCII );

ドメインの表示の仕方はまずportlets/test/src/main/java/com/aimluck/eip/test/TestResultData.javaに

  • import java.net.URI;をインポート
  • public String getUrlDomain() throws Exception{
  • URI url = new URI(getUrl()); //constructor
  • return url.getScheme()+”://”+url.getHost();
  • }

portlets/test/src/main/webapp/WEB-INF/templates/vm/portlets/html/ajax-test-detail.vmに

+#ALtdcaption($l10n.TODO_DOMAIN) +#ALtditem($!result.Detail.getUrlDomain())

portlets/test/src/main/java/com/aimluck/eip/test/TestFormData.javaに以下を

TODO_SETFIELDNAME_DOMAIN=ドメイン + /** ドメイン */ + private ALStringField domain;

// ドメイン
domain = new ALStringField();
domain.setFieldName(ALLocalizationUtils.getl10n("TODO_SETFIELDNAME_DOMAIN"));
domain.setTrim(false);

加えて達成します。

またサムネイルの表示はportlets/test/src/main/webapp/WEB-INF/templates/vm/portlets/html/ajax-test-detail.vm に +#ALtditemheader() + +$!result.Detail.Url + +#ALtditemfooter()

を追加します。

URLのリンクの表示はportlets/test/src/main/webapp/WEB-INF/templates/vm/portlets/html/ajax-test-list.vm

#ALajaxsort(‘test_name’ $l10n.TODO_TITLE $result ‘TestListScreen’)の真下に +#ALajaxsort(‘url’ $l10n.TODO_URL $result ‘TestListScreen’) を加え

+#ALtdcellheaderAtt(‘class=”auiMTCaption”‘) +

+#ALtdcellfooter() を95行目付近に加えます。

基礎編は今日これで終わりなので、次回から実践編に進もうと思います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません