エラー出力のまとめ

reotogashi 25views 更新:2015年10月16日

command : 何らかのコマンド or shファイル とします。

  • リダイレクトなし
#!/bin/bash
command

標準出力 : 画面

標準エラー出力 : 画面

  • 標準出力のみファイルに書き込む
#!/bin/bash
command 1>file

標準出力 : file

標準エラー出力 : 画面

  • 標準出力と標準エラー出力をファイルにリダイレクトする
#!/bin/bash
command 1>file 2>&1

標準出力 : file

標準エラー出力 : file

説明

まずは

#!/bin/bash
command 1>file

が読み込まれて、

標準出力 : file

標準エラー出力 : 画面

となります。

2>&1は2の出力先を1の出力先と同じにするという意味なので、

#!/bin/bash
command 1>file 2>&1

により、

標準出力 : file

標準エラー出力 : file

となります。

  • fileに書き込まずに、ただ表示したくない場合はfileの代わりに/dev/nullとしてすることで、/dev/nullに捨てる事ができます。

http://to-developer.com/blog/?p=1001

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません