tsung インストールメモ

高瀬 裕介 366views 更新:2015年10月21日
yum  install epel-release vim wget
wget http://packages.erlang-solutions.com/site/esl/esl-erlang/FLAVOUR_1_general/esl-erlang_18.1-1~centos~6_amd64.rpm
yum  localinstall esl-erlang_18.1-1~centos~6_amd64.rpm 
yum  install perl perl-rrdtool perl-Log-Log4perl-RRDs.noarch gnuplot perl-Template-Toolkit perl-JSON

yum install make gcc rpm-build 
rpm -ivh http://tsung.erlang-projects.org/dist/redhat/tsung-1.5.1-1.fc20.src.rpm

vim ~/rpmbuild/SPECS/tsung.spec 
----
BuildRequires: esl-erlang

Requires: esl-erlang
----
rpmbuild -ba ~/rpmbuild/SPECS/tsung.spec 

yum localinstall ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/tsung-1.5.1-1.el6.x86_64.rpm 

ln -s /usr/bin/erl /bin/erl

brew install tsung

tsung-recorder -p http start

# Firefoxの設定→詳細→ネットワーク→接続設定
# 手動でプロキシを設定する
# HTTP プロキシ: {tsung環境のIP} ポート: 8090
# Firefoxでブラウジングする

tsung-recorder -p http stop
vim ~/.tsung/tsung.xml
---
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE tsung SYSTEM "/usr/share/tsung/tsung-1.0.dtd">
<tsung loglevel="notice" version="1.0">

    <clients>
        <client host="{SSH接続できるクライアント・サーバーIP}" weight="1" cpu="1" maxusers="40000">
            <ip value="{SSH接続できるクライアント・サーバーIP}"/>
        </client>
    </clients>

    <servers>
        <server host="{テスト対象のサーバーホスト名}" port="80" type="tcp"/>
    </servers>

    <load>
        <arrivalphase phase="1" duration="10" unit="minute">
            <users maxnumber="15000" arrivalrate="8" unit="second"/>
        </arrivalphase>
    </load>

    <sessions>
{生成されたXMLでからmethod="CONNECT"となっているrequest要素を削除したもの}
    </sessions>
</tsung>
---


参考サイト http://postd.cc/how-to-generate-millions-of-http-requests/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません