gitでコミットログのauthorを修正する

Tomoumi Nishimura 41views 更新:2015年10月29日

複数人で共用のPCだったりすると、コミット時のユーザー名が混同したりします。

誤って別の人の名前でコミットしてしまった場合、以下の手順で修正することができます。

1. ユーザー名とメールアドレスを修正する

git config user.name hogehoge
git config user.email foo@bar.com

2. 修正コミットを打つ

git commit --amend --author="hogehoge<foo@bar.com>"

修正コミットの際は、--authorオプションをつけるようにします。これをつけないと、コミット者は自分に修正されますが、authorは修正されないままになってしまいます。

なお、コミットログの修正はリモートにプッシュされていない操作に関しては自由に行うことが可能ですが、プッシュ後のログは基本的には書き換えないものと考えましょう。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません