Velocityでメソッド

yamagenii 49views 更新:2015年11月16日

Velocityはオブジェクトなども利用できるので便利ですが、デバッグがやりにくいのでメソッドを使用するときは注意が必要です

以下はtry-catchでエラーを交わす方法です。

.java

class resultData{
public String getData(param) {
    try {
      //
    } catch (Exception e) {
      return "exception";
    }
  }
}

.vm

#if($!record.getData($param) != "exception")
    $!record.getData($param)
#end

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません