条件分岐内のvelocityで見ておくポイント

daiki21 38views 更新:2015年11月20日
if($!{result.Detail.◯◯} || $!{result.Detail.◯◯} || $!{result.Detail.◯◯})

のように、いくつか分岐がされた後のvelocityの記述は、◯◯をJavaでちゃんと処理されているか確認する必要があります。

なかなか表示がされなかったので、適当に”テスト”というように書いてみたものの、

JavaのResultData.javaファイルの

return ◯◯

というところにブレークポイントを置くと、falseが返ってきたので、そもそも記述する場所が違っていました。

velocity側で同じような記述でも、デバイスや条件によって動作が変わるので、要注意ですね。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません