Aipoのテンプレートに多言語設定ファイルの文言を注入する

Tomoumi Nishimura 34views 更新:2015年11月27日

Aipoでは多言語設定ファイルを利用して多言語対応可能な仕組みを提供しています。(多言語設定ファイルは/war/src/main/resources/com/aimluck/eip/modules/localization内にあります)

この多言語設定ファイルをtemplateにおいて利用するためには、呼び出し前のどこかのタイミングでALVelocityScreen#putDataを呼んでやる必要があります。

public class HogeFormScreen extends ALVelocityScreen {
  @Override
  protected void doOutput(RunData rundata, Context context) throws Exception {
    try {
      putData(rundata, context);
      setTemplate(rundata, context, "portlets/html/hogetemplate.vm");
    } catch (Exception ex) {
      logger.error("[HogeFormScreen] Oops, Exception was thrown!", ex);
    }
  }
}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません