AWS API Gateway でクロスドメインでAPIを発行できるようにする

nbeppu 242views 更新:2015年12月11日

以前は手動で Access-Control-Allow-Origin などのヘッダーを付与する必要があったのですが、Management Console の以下の操作で一括設定ができるようになっています。

  1. Resources -> 該当する API のリソースを開きます。
  2. Enable CORS をクリックします。
  3. Enable CORS and replace existing CORS headers をクリックします。

これで、過不足や誤っている箇所を調整して設定を行ってくれます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません