wpのget_post_metaは気が効きすぎる

YY3ai2ui24 53views 更新:2015年12月16日

WordPressでは、記事にメタデータをつけることができ、その値を取得するための関数がget_post_mata関数です。

第一引数に、記事のid
第二引数に、取得するメタキー 第三引数に、値を文字列として返すかどうか

として、値を取得できます。

idだけわかってるだけでもget_post_mataはちゃんと値を取ってきてくれますが、投稿タイプでカスタムしているなど、何らかの状況で記事を一括取得しようとしたときはメモリー上の記事のメタデータにアクセスして値を取得してくれます。

SQLの発行数が変に多い時は、条件の記事を一括取得することでSQLの発行数を抑えることができます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません