AipoでMySQLとPostgreSQLを手軽に切り替える方法

alkoshikawa 685views 更新:2014年3月18日

tomcatのlibの中にpostgresql,mysqlのJDBCドライバーを両方入れておきます。
tomcatフォルダの下に「datasource」というフォルダを作成し下記ファイルを用意します。

dbcp-org001.properties

cayenne.dbcp.driverClassName=org.postgresql.Driver
cayenne.dbcp.url=jdbc:postgresql://localhost:5432/org001
cayenne.dbcp.username=postgres
cayenne.dbcp.password=
cayenne.dbcp.maxActive=100
cayenne.dbcp.minIdle=10
cayenne.dbcp.maxIdle=3
cayenne.dbcp.maxWait=10000

dbcp-org001.properties.m

cayenne.dbcp.driverClassName=com.mysql.jdbc.Driver
cayenne.dbcp.url=jdbc:mysql://localhost:3306/org001?characterEncoding=UTF8
cayenne.dbcp.username=root
cayenne.dbcp.password=
cayenne.dbcp.maxActive=100
cayenne.dbcp.minIdle=3
cayenne.dbcp.maxIdle=20
cayenne.dbcp.maxWait=10000

exchange.bat

@echo off

set PG="dbcp-org001.properties.p"
set MY="dbcp-org001.properties.m"
set DEF="dbcp-org001.properties"

IF EXIST %PG% (
  echo "mysql to postgres"
  RENAME %DEF% %MY%
  RENAME %PG% %DEF%
) ELSE (
  echo "postgres to mysql"
  RENAME %DEF% %PG%
  RENAME %MY% %DEF%
)

exchange.batを実行するとpostgresqlとmysqlの設定ファイルが交互に切り替わります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません