LambdaでSimpleDBを操作する

@iwasaki 24views 更新:2016年1月15日

削除処理する際には以下のようにします。

process.env.TZ="Asia/Tokyo";
var aws = require('aws-sdk');
var sdb = new aws.SimpleDB({apiVersion: '2009-04-15', region: 'ap-northeast-1'});

function deleteRecords(items, domainName, calback) {
    var params = {
          DomainName: domainName,
          Items: items
        };
    sdb.batchDeleteAttributes(params, calback);
}

http://docs.aws.amazon.com/AWSJavaScriptSDK/latest/AWS/SimpleDB.html#batchDeleteAttributes-property

にはAttributes属性がいるようなことが書いてありますが、レコードを削除するようであればitemNameだけ渡せば大丈夫です。

      Attributes: [
        {
          Name: 'STRING_VALUE', /* required */
          Value: 'STRING_VALUE'
        },

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません